« プロの試練 | メイン | おむつについて »

エンペラー溥儀

ラスト・エンペラーのアイゼンカクラ・溥儀。
この映画も見たけど、彼に関する映画や、あの時代のものはかたっぱしから見た時がありました。
どうしてあんなに興味がわいたのかさっぱりわからないけど、いっときすごい見ました。

ラスト・エンペラーの最後に、本人がお金を払って観光客として紫禁城に入るところは少し泣けます。

産まれた時から帝王として育っているし、育ちもいいのであれは耐えられない感じでしょうね、
受け入れるしかないのだけど。

ラストエンペラーの奥さん(第一婦人)は、妊娠しても「工程の子ではない」って殺されてしまうし、最後はアヘンによって死んでしまうしで、ふんだりけったりなんですよね。
あれも本当の話らしいのでコワイです。

その当人は、好きな食べ物は?と聞かれると「日本のチキンラーメンです」というそうです。
チキンラーメンって、、、、^^;

さてそんなラストエンペラーですが、子孫はいたのでしょうか?
直系の子供はいないようです。
弟さんが日本人と結婚していたりして、そこの子供はいます。
そういえばこの日本人と結婚した弟さんは、すごく日本人の奥さんを大事にされたんですよー、
仲もすごくよくて、奥さんが先に亡くなった時はそれは打ちひしがれていたのだそうです。

時代に翻弄された人たちですが、弟さんはシアワセな生活されていたようですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.thorntonhouse.net/mt3/mt-tb.cgi/56

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2018年09月01日 22:43に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「プロの試練」です。

次の投稿は「おむつについて」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38