2017年01月02日

ひよこ豆ペースト

ひよこ豆と練りごまのペーストとかで作るフムスという食べ物を知っていますか?
美味しいですよ、なかなかお店はないので、自分で作ることをお勧めします。

レバノンとかの中東で食べられているものですが、今日本でもブームらしい。

栄養価が高くて、カロリーは低い。こんな理想なものってないでしょ?
フムスは簡単に言うと、「お豆のペースト」。

すでにアメリカではとても浸透していて、デリコーナーやハム、チーズなどサンドイッチの具コーナーには、同じく中東発祥の「ババガヌーシュ(なすのペースト)」や
メキシコの「グァカモーリー(アボカドのペースト)」などと並んで
色々なフレーバーが必ず置いてあるんですよ。

米国の多くの地域は多民族・多文化ですが、
フムスは今や人種や文化を問わず愛され、定着している食品と言えると思います。

日本ではどこで売られているのかなー?
よく知りません、ごめんなさい。

家で作るときは、ゴマのペーストがそのあたりのスーパーにはないので、
ピーナッツバターで代用する人が多いみたいです。

私はゴマペーストをなんとか買って頑張っていますけどねー。

とにかく美味しいです、一度お試しあれー。

2016年12月03日

婚活って難しい

婚活…なかなか難しいよね。
っていうか、あまりそのことばかり考えていると周囲が見えなくなっちゃうのかもしれない。
真剣に結婚相手を…なんて思っている時は全くそういう話が舞い込まないんだよね。
一時期は看護師って立場を最大限に利用して医者をゲット!なんて思いもあったけど
そういうことを何にも考えなくなった時に出会いって生まれてくるようです。
女性も男性も同じだろうけど、ある程度の年齢になると周囲から早く結婚した方が…とか女性だと早く結婚して子どもを生まないと…とか言われちゃうんだよね。
でも早く結婚したからいいとか遅いからダメとかってない。
人それぞれ適齢期って違うものなんだよね。
仕事でも勉強でも、結婚でも焦っても何もいい結果は生まれてこない。
人の言葉に惑わされないことが大事だね。

2015年12月23日

仲直りまで…

この間結婚した私の友達、一緒の職場で働いている看護師なんだけど…
結婚間もないのにすでに大喧嘩をして話をしない日がもう三日も続いているんだとか。
かなりひどい喧嘩だったらしく食事も一緒にしないんだそう。
もちろん食事の用意はするらしいんだけど一緒には食べない。
同じ家で生活していて住んでいる人と話をしないってかなりの苦痛だろうね…。
喧嘩の理由は些細なことなんだろうけどやっぱりそれまで別々の家庭で育った者同士が一緒に生活するわけだからお互いに譲らないといけない部分ってたくさんあるよね。
この喧嘩がどれくらい続くのかわからないけど早く仲直りしてほしいよねっ。
もうすぐ年末、そしてお正月…。
このまま変な空気で年越しなんて最悪だよね…。

2015年11月17日

信用金庫の適性

◆ 信用金庫と銀行との違い
預金を取り扱う金融機関として信用金庫と良く比較されるのは、銀行です。
2つの金融機関の業務そのものには大きな違いはありませんが、その成り立ちや理念には大きな違いがあります。
銀行は営利を追求する株式会社であるのに対して、信用金庫は地域社会の繁栄を追求する協同組織であり、相互扶助という理念があります。その違いは準用される法律によって明確に分かれているのです。
株主の利益が目的となる銀行と、地域の繁栄が目的となる信用金庫では、定められた法律によって営業地域や利用者の限定といった違いが生じるため、営業戦略や組織の性質などもおのずと独自色が出てきます。
従って当然、そこで働く人の適性にも違いが生じてきます。次に、信用金庫で働くことが向いているタイプ、不向きなタイプについて考えてみましょう。

◆ 信用金庫に向いている人
一般的に企業では、昇進や昇給を決定するとき、仕事に向かう姿勢や向上心、そして数字として残る実績などで評価を下しますが、実績のように数字や形として目に見えて判るものと違い、本人の向上心や自己啓発の取り組みなどは評価のしづらいところです。
しかし、金融機関では、資格試験や検定試験が多岐に渡ってありますので、そういった各種検定試験の合格や取得が本人の評価の指標となり昇給や昇格が左右されると言って良いでしょう。そういう意味では、終わりのない挑戦を続ける、常に向上心を維持できる方が金融機関の職員には向いているといえます。
自ら積極的に金融や経済の知識を取り入れ、それをもとに提案やアドバイスができることが営業の上で必要となるわけですが、信用金庫のように地域に密着した営業活動が基盤となると、お客さまの立場に立ってよくお話を伺い、密接なコミュニケーションを図る能力が銀行以上に求められるといえるでしょう。
一般職が勤務する、営業店での窓口サービスにおいても同様です。顧客層が信用金庫の窓口に求めるものは、敷居の高さを感じない、親しみやすさであるといえます。事務的な処理をするだけではなく、日常会話でスッと心に入り込めるような、人懐こいタイプの人は最適です。

◆信用金庫に向いていない人とは?
極論でいえば、向いている人の真逆ということになりますが、向上心があり、コミュニケーション能力が高い人であっても、管理ができなければ、成り立ちません。
営業職であれば、1週間、1か月、・・・と長期的な活動のスケジュールを組み立てて、自分の資料などの自己管理はもとより、顧客の財産状況を把握し、ライフプランの予想まで行う、といった幅広い管理能力が必要になります。したがって、整理や管理が苦手な人は不向きといえるでしょう。
また、信用金庫でも転勤、異動は付き物ですが、全国展開をしている銀行と違って、その範囲は狭いものですし、店舗数も少ないので、比較的異動のサイクルは長めになります。協調性の乏しい、独断独歩なタイプも不向きといえるのではないでしょうか。

[PR]機械オペレーターに転職しよう!(http://www.kikai-operator.com/)

2015年10月26日

私の想い人

実は私、医者と結婚したいと思っていた気持ちに踏ん切りが…。
というかなんとなく好きな人が出来たんだよね。
その私の好きな人は医者とか全然関係のない人なんだけどその人とだったら
別に裕福な生活が出来なくても一緒にいるだけでいいなって思えるんだよね。
とはいってもまだ何にも始まっているわけじゃないから私の一方通行の思い。
もしかしたら失恋してまた玉の輿に乗りたいなんて思ってしまうのかもしれないけど…。
とりあえず今は純粋な気持ちで一人の人に恋しちゃってます。
なかなかその人との距離が縮まないことが今の最大の悩みでもあります。
だけどやっぱり恋するのって楽しいよね。
毎日の仕事にハリが出来てます。
オシャレにも気を使うようになったしね!

2015年04月09日

看護師と結婚と…

看護師が結婚する時に仕事を辞める人とずっと続ける人、どちらの方が多いんだろう。
私は看護師の仕事をずっと続けていきたいって思っているんだけど結婚相手はやっぱり先々の生活を考えると医者がいいかなってどうしても思っちゃうんだよね。
医者と結婚するとなると奥さんは仕事を続けていくよりも家庭をしっかり守っていくっていうのがいいのかな…。
まだまだ決まった相手がいるわけじゃないけど勝手にそんなことを色々考えてしまいます。
そんな妄想ばかりしていたらリアルでなかなかいい出会いに恵まれないような気もするんだけどね…。
私は家庭に入っておとなしくしているよりも外で働いている方が似合っているような気がするけどなぁ。
専業主婦でご近所付き合いとかが大変だったりしそうだしね。

2014年12月29日

紅白に中森明菜が!

今年の紅白歌合戦になんと、中森明菜さんが出演することが決定したみたいですね。
ずいぶん前から中森明菜が出演か?って言われていたけど本当に決定するなんて!
生中継での出演らしいけど今彼女がどんな風になっているのかすごく興味があります。
私は中森明菜さんの大ファンなんだよね。
看護師になるために必死に勉強をしていた時にも息抜きには中森明菜さんの曲を何度も聴いていたのが今でもなつかしいくらい。
彼女の波乱万丈な人生、もう歌手生命は…って思っていたこともあったけど良かった!紅白歌合戦を境にこれから少しずつメディアに登場するようになってくれたらいいんだけどねぇ…。
とにかく今は31日の放送が楽しみです。
きっと同じような気持ちで楽しみにしている人がたくさんいるんじゃないかな?!

2014年11月12日

競売物件…

平成18年に閉園された奈良市の奈良ドリームランドの跡地が税金滞納で差し押さえ、公売にかけられたんだそうです。
だけど残念ながら入札が一件も入らず不成立に終わったとか。
価格を再検討して半年後にもう一度公売にかけられるらしいです。
最低入札価格が7億3千万っていうからすごい金額ですよね。
近隣と比べたら破格の安さらしいけど看護師の仕事を毎日必死にしている私から見たらものすごい大金です。
一生働いても目にすることのない金額…。
どうやらこの跡地は都市計画法の市街化調整区域らしく設置可能なのが社会福祉施設とかスポーツ施設といったものくらいらしいからそういう規制も入札が入らない大きな原因の一つなんだろうね。
だけど億なんていう桁数のお金、一度持ってみたいものです。

2014年10月05日

私の結婚適齢期

私の結婚、いつになるかまだまだぜんぜん見通しが立っているわけではないけど
いつ結婚してもいいようにいろいろと準備だけはしているんだよね。
貯金もがんばってるしあんまり好きだとはいえない料理も勉強中。
あとは相手を見つけるだけなんだけどこれが一番難しい。
看護師の仕事をしていると出会いの場って限られてしまってるからね…。
出来れば同じ職場ではなくまったく違うところで働いている人と結婚するのが一番いいんだよね…。
まぁあんまりいろいろと贅沢いえない年齢になってきているんだけどね。
それでも一応いろんな夢があって妥協はしたくないって思ってしまう自分もいます。
早くそんな日が来ればいいなって思うけどこればかりは縁のものだからいつやってくるかわかんないね…。
私が働いているのは結構大きめの総合病院だから出会いは頑張ればある。
今度、後輩ちゃんに頼んで食事会でもセッティングしてもらおうかしら・・・。
総合病院で看護師として働いていても規模が大きい病院だから知らないスタッフもたくさんいるしね。

2014年08月26日

捨て犬が人を助ける…

看護師の仕事をしている私は生死の現場に出会うことた多々あります。
この間の広島県の土砂災害、今もなお捜索活動が続いているようですね。
そんな中、私が胸を打たれたのが救助犬の話です。
以前捨て犬で殺処分寸前で助けられた犬が今は人を救う救助犬として人の命を救っている…。
これってどう思いますか?
人間に捨てられてあと少しで殺されるところだった犬が今は人間を救っているんです。
こういうニュースはもっともっとメディアに取り上げられていいんじゃないかな。
人間の身勝手さを多くの人に知ってもらわなきゃいけないんじゃないんでしょうか。
動物の命をもっともっと重く考えてほしいと思います。
私は動物、特に犬が大好きです。
だからなおさらこういうニュースを聞くといたたまれない気持ちになってしまいます。